情報開示方針

1.基本的な考え方

当社は、経営情報等の企業情報が投資家の利益に資することを十分認識し、株主や投資家の皆様が当社の実態を正確に認識・判断できるよう、継続して、公平かつ適時適切な情報開示につとめることを経営上の最重要課題の一つに位置付けております。そのために、情報開示に関する関係法令および証券取引所規則等を遵守するとともに、適時・適切・正確・公平・誠実な情報開示体制の構築・運用に取り組んでおります。

 

2.情報開示の基準

情報開示に関する関係法令および証券取引所規則等において開示が定められている項目については適時適切に情報開示を行います。また、それ以外の情報についても、投資先や当社の投資に関する情報等株主や投資家の皆様の当社に関するご理解、投資判断に有用であると判断した情報については、適切な方法により公平に開示いたします。

 

3.情報開示の方法等

情報開示に関する関係法令および証券取引所規則等において開示が定められている項目については、事業報告や有価証券報告書への掲載や、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)、プレスリリースでの発表等、所定の開示手順を踏んで開示いたします。なお、TDnetにより公開した情報は、当社のウェブサイトにおいても速やかに掲載いたします。

 

4.IR活動

IR活動にあたっては、上記1.の基本的な考え方に則り、当社の経営戦略や財務状況等に関する内容を的確に理解していただけるよう誠意を持った対応を行うとともに、双方向性にも留意の上、株主や投資家の皆様との建設的な会話を通じて市場の信頼と正当な評価を得ることを目指します。かかる活動を実践するために、以下の体制整備を行い運用していきます。

(1)取締役管理本部長をIR活動全般の統括者として指名し、株主や投資家の皆様との建設的な対話が実現するように目配りを行います。
(2)対話を補助する所管部署として管理本部傘下にIR・PR室を設け、また同じく管理本部傘下にある総務、財務、経理、法務部門と横断的な情報共有に基づき有機的な連携・対応を推進いたします。
(3)個別面談以外の対話の手段の充実に向けて、年に数回、自社によるIRミーティングの開催または各種IRイベントに参加するなど、当社の事業や今後の展開に関する理解の促進に努めます。
(4)対話において把握された株主や投資家の皆様のご意見・懸念等については、取締役会の議事等を通じて、経営陣幹部や取締役会に対し適切かつ効果的にフィードバックされるようにいたします。

 

5.重要情報の取扱いについて

当社は、「内部情報管理及び内部者取引規制に関する規程」を定め、未公表情報を厳格に取り扱い、インサイダー取引等の防止の徹底を図っております。対話の機会を含めいかなる場合でも、未公表の重要事実に関しては、適時開示規則等による情報の開示を行うまでは、外部からのお問い合わせへの回答の場合を含め、一切のコメントを差し控えます。また、当社は、未公表の重要事実が社内に滞留することを可能な限り避けるためにも、適時適切な情報の開示に努めております。

 

6.業績予想に関して

当社の事業は、その特性上、株式市場の変動要因による影響が極めて大きく、合理的な業績予想の算定が困難であることから、業績予想の開示は行わず、四半期決算の迅速な開示に努めるとともに、合理的な予想が可能となりました段階で速やかに開示を行います。

 

7.市場との認識ギャップの是正

風説の流布等により、市場との間において重大な認識ギャップが存在していることが判明した場合には、可及的速やかにその原因の追求およびギャップ是正のため努力いたします。

 

8.免責事項

(1)当社のウェブサイトに掲載されている情報の中には、公開時現在の将来に関する前提・見通し・計画等に基づく予測が含まれていることがあります。歴史的事実以外の情報については、経済、株式市況、その他様々な事業環境の変動に関するリスクや不確定要因により、記載された内容とは大きく異なる結果となり得ることを予めご了承ください。
(2)当社のウェブサイトに記載しております情報は当社に関するご理解を深めていただくことを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社への投資を検討される場合には、ご自身の判断において行われますようお願いいたします。

事業会社の皆さまへ
投資銀行
事業投資・ブランド投資
Oakキャピタルの支援
エグゼクティブセミナー・その他
投資家情報
メッセージ・経営戦略・業績ハイライト
IR資料室
IRカレンダー
株式情報
電子公告
ニュース
ニュース一覧
投資関連ニュース一覧
会社概要
Oakの強み
会社情報
経営方針
事業内容・ポートフォリオ