CEOメッセージ

株主ならびに投資家の皆様へ

 株主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、平素より温かいご支援と格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

企業の成長支援の担い手としての使命

 当社は2001年に投資銀行業を開始して以来、新興市場を中心に上場企業の成長戦略及び事業再生を担う投資銀行として、エクイティファイナンスの引受け業務を通し、財務支援および成長支援を行い、投資先企業の価値向上に努めてまいりました。
 これからも新興市場に上場する企業へ向けて、財務支援、成長戦略の立案、M&Aの助言など成長シナリオの支援に取り組み、投資先企業の後押しを実施してまいります。
 また、本年度は既存投資先の中で、更なるイノベーションが必要な企業の支援に重点を置き取り組む他、新規投資件数を拡大してまいります。
代表取締役会長 兼 CEO 竹井博康

投資事業の多角化で企業価値向上

 変動する金融市場や株式市場に於いて、成長し続ける投資銀行として企業価値向上を目指すことが株主へのコミットです。
 当社は投資分野の多角化を目的に投資銀行業務と事業投資業務を展開し、収益構造の安定化を図るとともに成長力と収益力を強固にし、「事業価値」を高めることに挑戦してまいります。

新興市場のIR支援

 当社はこれまで日本経済新聞社や東洋経済新報社と共同して、新興市場を中心に上場企業のIR支援を実施してまいりました。それは新興市場や小型株市場は、大企業の様にIRをサポートするアナリストや証券会社がなく、会社および事業概要の説明機会や、コミュニケーションの場など、投資家と企業とを結び付ける接点が少ないからです。今後も新聞社や出版社などの協力をいただきながら、IR支援を実施してまいります。

投資事業の多角化で自社の価値向上へ

 変動する金融市場や株式市場であっても、成長し続ける投資銀行として、企業価値と株主価値の向上を目指すことが当社の株主や社会へのコミットです。
 そのために、当社は従来の投資銀行業務に加え事業投資など投資分野の多角化を図り、更なる成長力と収益基盤を強固にし、「事業価値」と「株主価値」を高めることが日々の挑戦です。
 引き続きご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年4月1日
代表取締役会長 兼 CEO 竹井博康
事業会社の皆さまへ
投資銀行
事業投資・ブランド投資
Oakキャピタルの支援
エグゼクティブセミナー・その他
投資家情報
メッセージ・経営戦略・業績ハイライト
IR資料室
IRカレンダー
株式情報
電子公告
ニュース
ニュース一覧
投資関連ニュース一覧
会社概要
Oakの強み
会社情報
経営方針
事業内容・ポートフォリオ