CEOメッセージ

当社は2018年で会社設立100周年となります

当社の前身は、1868年(慶応4年)に三重県で創業された繊維会社です。1918年に法人会社として設立され、太平洋戦争期には漁網生産高日本一の名門企業となり、1949年に東京証券取引所に上場しました。その後、国内の水産業は次第に衰退していき、2001年に新たな経営体制の下で漁網事業から投資事業へと転換を図り、IPO投資、上場企業の株式引受けなど投資銀行業を展開して参りました。


リスク投資を行う投資銀行

当社は独立系投資銀行として企業の成長戦略に必要な資金調達やアドバイザリー業務、M&Aの仲介など企業の成長支援を使命としております。また、当社は新興上場企業や中小型上場企業の中で、公募による資金調達が容易に出来ず、第三者割当増資で資金調達を行うエクイティファイナンスの引受けを行い、財務体質の強化や事業再生を支援することが投資銀行の重要な役割として経営方針の指針にしております。


公正な資金調達の担い手として

当社はファイナンスの引受けに際し、金融庁や証券取引所の定める厳正かつ公正なルールに従いファイナンスを実施すると共に、株式市場に於いて、透明性を重視し、一般投資家の不利益にならない条件で引受けを実施しております。


挑戦する投資銀行として

当社は投資分野の多角化を図り、収益構造の安定化を生み出すとともに成長力と収益力を強固にして参ります。変動する金融市場や株式市場であっても成長し続ける投資銀行として、常に時代の潮流を読み、一歩先を進むことへのリスクを恐れず邁進して参ります。


株主還元に対する考え方

当社は更なる事業価値向上と株主価値向上を目指すことを、株主へのコミットとしております。そして、配当性向30%以上の方針を掲げ、株主還元を高めて参ります。


2018年
代表取締役会長 兼 CEO 竹井博康
メッセージ・経営戦略・業績ハイライト
CEOメッセージ
経営戦略
業績ハイライト
IRカレンダー
IR資料室
有価証券報告書・Annual Report
決算短信
報告書(株主通信)
株式情報
株式基本情報
株主総会
利益配分に関する基本方針
株式の状況
株主優待情報
Oakキャピタルの株価情報
電子公告