コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及び資本構成、企業属性その他の基本情報

1. 基本的な考え方

コーポレートガバナンスの充実は、株主の信頼性を確保するとともに、企業の社会的責任を全うするうえで、最も重要な課題のひとつであると考えております。これを踏まえ、当社は常に最良のコーポレートガバナンスを追求し、その充実に継続的に取り組んでまいります。当社の持続的な成長及び長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公正性を確保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることがコーポレートガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの充実に取り組みます。
・株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
・株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、ステークホルダーと適切に協働する。
・会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
・独立社外取締役が中心的な役割を担う仕組みを構築し、取締役会による業務執行の監督機能を実効化する。
・中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行う。

2. 体制図

体制図

その他の詳しい情報はコーポレート・ガバナンス報告書をご参照ください。
事業会社の皆さまへ
投資銀行
事業投資・ブランド投資
Oakキャピタルの支援
エグゼクティブセミナー・その他
投資家情報
メッセージ・経営戦略・業績ハイライト
IR資料室
IRカレンダー
株式情報
電子公告
ニュース
ニュース一覧
投資関連ニュース一覧
会社概要
Oakの強み
会社情報
経営方針
事業内容・ポートフォリオ